あなたを輝かせるブライダルヘアメイク|愛されメイクで魅力倍増

教会
このエントリーをはてなブックマークに追加

華やかに演出できます

フィルム

自作することもお勧めです

最近の結婚式の披露宴では、映像を使った演出が増えています。例えば、新郎新婦の幼い頃から馴れ初めを紹介したプロフィール映像はお決まりです。その他、終わりに流すエンドロールや友人たちからのメッセージなど、結婚式では映像を流す場面がたくさんあります。これら映像関係は、作成に時間がかかります。そのため早めに準備しておく必要があります。式場に映像を依頼する場合はスケジュールも指定され、用意する素材も少なくて済みます。しかし、その分値段が高いので自分たちで作成するのも一つの手です。難しいと考えがちですが、現在プロフィール用のソフトも販売されています。パソコンで写真や音楽を挿入すれば、簡単に作ることができます。

参列者も取り入れましょう

これら結婚式の映像を作成するにあたり注意すべき点としては、なるべく参列者が写っている写真を使用することです。新郎新婦の写真ばかりだとつまらないので、参列者を登場させることで会場が沸きます。結婚式が終わってからも、誰が写っていたなど話題になるのでお勧めです。また、もし業者に依頼する場合は、式場と外部専門業者の値段や内容を比較しましょう。当然式場は高めに設定していることが多いので、注意が必要です。しかし、安心感はあるので、値段と相談して決めましょう。一方外部業者は、いろいろカスタマイズできる場合が多く、融通がつきやすいこともあるのでチェックしておきましょう。プロフィール映像だけでなく、エンドロールも合わせて注文するとセット割引もあるのでお勧めです。